書かなきゃいけないこと!書きたいことが多すぎる?!

メルマガに書きたいことが多すぎる・・・
だから何から書いていいかわからない・・・

Fotolia_133566424_Subscription_Monthly_M-1024x800.jpg

そのように悩んではいませんか?

そんな時は、何を伝えたいのか
1通のメルマガには1つだけに
絞って書いてみましょう。

1メッセージ1アクションです^ ^

世の中の流れは速くて、変化が激しく
複雑になっている気がします。

「テーマを1つに絞って、集中する」
「成功している人のいう通りにやってみる」

 

とはいいつつも、自分なり、
全部を語りたくなってしまう・・・

だから、あれもこれもとまとまらなくなる。

誠実で親切心のある人ほど、
あんなことも伝えよう
こんなことも伝えよう

そのような状態に陥りがちです。

 

一方、こんなことは言っては
いけないのではないか
自分のことをどうしてわかって
くれないのか

自分本意になってしまって、わからなくなり
結局、他の人を真似しようとして

メルマガを読んだり、
LINE@を見てみたり
自己啓発本やセミナー参加などにも
参加して。

その結果、
何から手をつけてよいのか
わからないほどいろんな情報で
頭がいっぱい

やる気があって、好奇心が強い方ほど
そのような状態に陥ります。

そんな風に毎日メルマガで何を
どうかいていいかわからないと
いっていたら疲れてしまって
やらないでその日が終わった・・・

そんな日が続いていませんか?

なんで伝わらないのか。
どうやったら伝わるのか。

インターネットの発達などによって
たった10年間でもものすごく
情報量の差があるわけです。

2008年の時と、現在2018年を
比べてみたらスマホでもタブレットでも
簡単に溢れるばかりの
情報検索できる時代になっています。
BeyondTheIoT1.jpg

 

だけど、そんな情報に囚われるのではなく

お客様の悩みをどのように解決するのか
自分の商品が他とどんなところが違うのか
自分の強みは何なのか

それらを
実際にやってみたこと
お客様が体験して変わったこと

リアルにイメージできることを
1つのテーマに絞って
メルマガで伝えていきましょう。

例えば、
スポーツトレーナーさんだったら
トレーニング全般を語るのではなく

今日は、

「足の内側の筋肉について」
として、

なぜ内側の筋肉を使うのが良いのか?
ということを事例を交えて
書かれていたら、

メルマガ読者は、
内側の筋肉を意識するように
なるでしょう。

このように1メッセージ1アクションで
書いてみてくださいね^ ^

明日は、1つのテーマに対しての
書いていく順番についてお伝えしますね!

******************

メルマガで集客して見たい方は
まずどんな一歩を踏み出しますか?

私の電子書籍には
メルマガで集客するコツのヒントを
まとめました!

メルマガで集客をして見たい方は
こちらを読んで、実践して
感想やご質問がありましたら
このメール返信でご連絡をくださいね^ ^

▼まだ読んでいない方はこちらから▼

*****************

【電子書籍無料プレゼント!】
毎月5名高額商品のご成約をいただく
メルマガ集客のコツ
“書けない”が”書ける!”に変われた
マル秘トレーニング
メルマガ集客コツ_表紙.png

もう読んでくださいましたか?

まだの方はこちらからダウンロード
してくださいね^ ^

▼ダウンロードはこちらから▼
%%%_LINK_12833_%%%

本書で解説する集まる集客®実践者の
成果の事例を置き換えていくだけで

メルマガ集客のコツを知り、
”書けない”が”書ける”に変わります!  

お読みいただきありがとうございます!